作業員

土のう袋を最大限に活用|事業向けの情報を知る

土のう袋の活用方法

土のう

土木工事現場や土砂災害・水害現場において、土のう袋と呼ばれる土木資材を目にすることができるでしょう。土のう袋というのは、布や麻、PE、ポリエチレン等の材質の袋で、土砂を詰めることで土嚢となります。土嚢は複数積み上げることで活用され、その活用の幅は非常に広いものとなっているのです。土のう袋の材質の中でも、PEやポリエチレンといった材質は熱や紫外線に強いため、土砂を詰めて使用する土のう袋に適しているといわれています。そのため、土のう袋の中でも、PE製やポリエチレン製のものが主流となっているのです。土のう袋の活用方法は様々ですが、土のう袋が土嚢として最も効果を発揮するのは水に関わる現場でしょう。土嚢は複数積み上げることで、水を妨げることができるのです。
水に関わる現場においての土のう袋の活用する際には、詰める土砂の量を8割程度に留める必要があるでしょう。その理由として、土砂をギリギリまで詰めてしまった場合には、土嚢を積み上げた際に土嚢と土嚢の間に隙間ができてしまいます。そうなると、水を防ぐ目的で設置する時に、その隙間から水が抜け出てしまうのです。詰める土砂を8割に留めておけば、土嚢に柔軟性を持たせることができるため、土嚢と土嚢の間に隙間ができることがありません。そのため、流入防止や侵入防止、回し水、水路誘導等の目的で土嚢を積み上げる時には、詰める土砂を8割程度に留めることが最適なのです。また、積み上げる際にもその方が安定するでしょう。

電動工具を通販で発注

工具と男性

工事事業者において電動工具を専門通販サイトを用いて発注する際には、その利便性の高さがメリットとなるでしょう。また、工事事業者のニーズに応えられる専門通販サイトを選ぶ時には、幾つかのポイントに注目する必要があります。

詳細を読む

スリッターの種類

機械

スリット加工というのは、ロール状の材料を均等な幅で切断し巻き取るといった加工です。この加工を施す機械をスリッターと呼び、スリット加工を高精度且つ高速で行うことが可能です。

詳細を読む

転がり軸受と滑り軸受

ベアリング

ベアリングというのは、回転運動の要素を含む機械において必要不可欠なパーツです。ベアリングは構造の違いにより、転がり軸受と滑り軸受の二種に分類することができます。この二種はそれぞれ特徴があり、機械の要件に合わせて使い分けられています。

詳細を読む